新作 Iphone SE

TOPブログ

 見た目は「iPhone 5s」のまま中身が「iPhone 6s」相当に進化したという「iPhone SE」。見た目がまったく変わってないところがミソ。あくまでも従来サイズのコンパクトなiPhoneが欲しいという層に向けての特別な廉価モデルであり、主流は6s系の薄くて少し丸みを帯びたボディーの方なんだといわんばかりである。

【iPhone 5sとSEを撮り比べると......】

 じゃあ、カメラはどうなのだろう、と。ホントに"6s相当"になったのか。5sからどれだけ進歩したのか。

 ここはどんと大盤振る舞いで、iPhone SEと、iPhone 5s、6s、6s Plusのカメラを一気に比較してやれ、というわけで比較してみよう。

●「5s」と「SE」の"画素数"の違い

 5sとSEの一番の違いはイメージセンサーが一新されたこと。5sでは一世代前の「800万画素」のセンサーが使われていた。SEは、6sや6s Plusと同じ「1200万画素」のセンサーが使われている。単純に画素数が1.5倍に増えたのだ。センサーのサイズはもちろん、レンズの構成も6s/6s Plusと同じなので、画角(つまり写る範囲)は同じ。明るさもF2.2と同じだ。

 では、画素数が1.5倍に増えたらどうなるか。いつものガスタンク写真で比べてみよう。まずはiPhone 5sの800万画素カメラで撮影したガスタンクから。

 次は、iPhone SEの1200万画素ガスタンクで撮影したガスタンク。

 微妙にSEの方が発色が爽やかで、青空もより青く出てていい感じだし、青空のざらつきがぐっと抑えられている。

 ではあるけれども、ここで注目したいのは画素数の差。より分かりやすい箇所を100%表示してみた。どちらも100%表示なので、画素数が少ないiPhone 5sの方が小さく表示されている。見比べると分かるが、思ったよりはっきりとした差が出ている。

●「SE」と「6s」は本当に"同じ"?

 先述の通り、SEのカメラはiPhone 6sとスペック的には"同じ"だ。5sとSEの撮り比べのついでに、6sとSEもガスタンクで撮り比べてみた。

 上のiPhone SEで撮ったガスタンクと見比べてどうだろう? 100%表示でも比べてみよう。

 ここまで見れば、iPhone SEと6sのカメラは"同じ"と思って構わないのが分かる。差があったとしても、本当に少しだけだ。

●「5s」と「SE」は動画にも"差"あり

 もうひとつ、iPhone 5sと比べて大きく変わったのが4K(3840×2160ピクセル)の動画撮影に対応したこと。5sはフルHD(1920×1080ピクセル)、つまり2K動画が最大。見比べてみよう。

 ご覧の通り、画素数(解像度)にして4倍の差があるわけで、明らかに違うのである。

 ちなみに、動画まわりでは「スロー」撮影の性能も上がっている。5sでは解像度が1280×720ピクセルだったのに対し、SEではフルHD、しかも120フレーム/秒の動画も撮れるようになった。このあたりは、スマホとしての基本性能の違いに由来している。

●iPhone SEは「Live Photos(ライブフォト)」に対応

 iPhone SEは、iPhone 6s/6s Plusと同じく「Live Photos」に対応している。写真に加えて、撮影の前後最長1.5秒ずつをフルHD相当の動画でも残してくれる。もちろん、音声も記録できる。

 下の撮影画面を見ると、左端に黄色い三重の円のアイコンがある。これが、Live Photosのオン/オフを切り替えるスイッチだ。黄色いときはLive Photosがオンになっている。Live Photosの項目があること以外は、iOS 9.3のiPhone 5sと撮影画面は同じ。タッチAFは効くし、シャッターボタン長押しで連写になる。

 Live Photosの再生方法については、6s/6s Plusとちょっとだけ違う。画面を押した時の強さを検知する「3D Touch」に対応している6s/6s Plusでは、撮影した画像を表示して画面を強めに押すとLive Photosが再生される。それに対して、3D Touchに対応していないSEは、画像を表示した画面を長押しすると再生が始まる。

 Live Photosで写真を撮ると、撮影の前後が動画で残るのでより撮影したときの記録が鮮明になる。動きの中の一瞬を撮ったとき、前後の動きが残っていたらより面白い。ぜひ、試してみてもらいたい。

●オートフォーカスの速度差は大きい

 この後、作例をご紹介するが、それらでは表せない大きな差がひとつある。オートフォーカス(AF)の速度である。

 5sでは、フォーカスを合わせるのに少し間が空く。ぼけた状態からフォーカスが合っていく様子が見えるほどである。それでも5sを使っているときは特に困らなかった。

 しかし、これがSEになると話が全然違う。速いのである。フォーカスが合う様子が見えないのだ。スッと合ってすぐ撮れる。

 この違いは結構大きい。イメージセンサーが「位相差センサー」内蔵のものに変わったせいだ。

 SEと5sの大きな違いは、ここまで紹介した「画素数」「4K動画撮影」「Live Photos」「AFの速度」といっていい。

 逆に進歩しそびれた機能もある。インカメラである。

 iPhone 6s/6s Plusはインカメラ(FaceTimeカメラ)が500万画素に強化されたが、iPhone SEは120万画素のままだった。自撮りを多用する人には少々残念な結果だ。

●ザ・撮り比べ

 と、これで終わっては面白くないので、iPhoneの現行4モデルで撮り比べてみよう。

 その前に、ちょっと余談。SE、6s、6s Plusを積み重ねて、本体のカメラ部分の違いを確かめてみよう。

 iPhone 6s/6s Plusがボディからレンズ部が少しはみだしているのに対し、iPhone SEのレンズ部ははみ出していない。違いの理由は簡単。SEの本体は厚いからだ。

 カメラ部の厚みは、撮像素子の厚さとレンズの厚さプラスアルファで決まる。iPhone SEのカメラ部は、5sの厚みに収まるように設計されたものがベースだ。

 同じカメラをiPhone 6以降の薄いボディーに持ってくる場合、カメラ部はどうしても薄くできないので(薄くして画質が落ちたら本末転倒)、飛び出てしまったというわけだ。

 飛び出ないようにするには、カメラ性能が5sよりも落ちることを覚悟してカメラ部をより薄くするか、ボディを5sやSEと同じ厚さにするかしなない。iPhone 6s/6s Plusでは、どちらも無理だったのだろう。


最近の記事

最近の記事